Sign up with your email address to be the first to know about new products, VIP offers, blog features & more.

Tag Archives #朱色沿岸

フランスのポートワイン

By Posted on 0 34
Banyuls, Vue sur les vignes et la mer, G. Ducros, mai 2021.

ピレネー山脈の端へ行くと朱色沿岸があります。地中海と交流するピレネーの景色は最高だと思います。コリウール(Collioure)は一番有名な観光地だと思いますが5月に行ったバニウルス(Banyuls)という所について話したいと思います。

バニウルスは朱色沿岸の全ての街と同じように港とビーチがあります。海の自然保護区があって海はきれいですがビーチと言っても砂浜ではなく、小石の浜で快適と言えません。しかし浜とビーチはバニウルスの特徴ではありません。特徴はブドウ畑です。段丘で生えます。その段丘は街の後ろの切り立った丘の全てを覆って、ブドウに特別な味を与える片岩の壁で支えられています。このワインショップのサイトで私よりよく説明されています。景色は印象的ですがよく見るとブドウがない段丘もあります。土地を休ませているのではないかと思ったら違います。

バニウルスワインを生産するブドウ栽培者に直接販売できます。たまたま「Etoile(星)」という協同組合でワインを買った時に休ませている畑の話をしたら、休ませてなくて跡取りがいないんだという説明をされました。ええって?なんでだろう。ブドウの段丘畑の仕事は大変です。機械を使うことができなくてロバのような動物しか使えませんし、収入の面を見るとそんなにお金にならないので他の仕事もしなければならないのは珍しくないんです。だからブドウの段丘畑をするのはほとんどお年寄りで、子供がいても違う仕事をして跡取りになりたくないみたいです。日本の農家と一緒ではないかしら。

バニウルスワインの作り方はポートワインと一緒です。ワインの種類も大体一緒です。果実の味がする若くて安い「Rimage」(ポートのRuby)もあれば、色々なアロマで豊かな古くて高い「Rancio」(ポートのTawny)もあります。みなさん機会があったらぜひ飲んでみて比べてください。それでコメントで結果を書いてください。

Ouest France新聞の記事によるとバニウルスワインの生産は50年の間に5分の1に減りました。しかし、ポートはそのままです。謎ですね。イメージの問題もあるのではないかという人もいます。確かに生産の仕方は一緒ですから、その生産と関係がある問題も一緒のはずです。が、結果は異なっているから私もマーケティングの問題があるのではないかと思います。個人的にバニウルスワインのイメージは素敵ですが若者には古臭いイメージがあったそうです。栽培者が努力して、最近ちょっと回復しているらしいです。世界の美しさに多様性は大切ですから上手く行けばいいですね。

Share this article