Sign up with your email address to be the first to know about new products, VIP offers, blog features & more.

Tag Archives #ポニー、#乗馬、#馬、#ピレネー

ポニーくん

By Posted on 0 333
chevaux dans les Pyrénées
Chevaux dans les Pyrénées, Vallée de la Barousse, G. Ducros, octobre 2019.

畑の間で走る道を通ると、前に書きましたようにロバが見えますが、馬もたくさんいます。そういうわけで乗馬できる乗馬場もたっぷりあります。

乗馬は2歳からできます。まだ本当の調教をしませんが馬を撫ること、馬に乗ることは得になります。感情移入と責任と信頼の勉強になります。肉体的に手を離して乗ったり、馬の耳を触るために馬に身をかがめたりバランスを向上させます。馬に乗って色々な教育を目的とする練習も出来ます。右、あるいは左に曲がったり、調馬場の壁に掛けている色、あるいは字に向かったり基本的な知識を習って、空間の感覚を養います。

幼い時にした馬のキャンプは素晴らしい思い出です。それで大学で勉強していた時に選択科目の中に乗馬がありました。学生ですから割引があるのではないかと思って乗馬を選びました。乗馬場は大学から遠くて、いつも遅れていました。いつも変わることなく、レッスンは馬の割り当てから始まりました。その日の練習をするために学生たちは順番に好きな馬を選んでいました。もちろん素直な馬、あるいはきれいな馬は先に選ばれていました。私はいつも遅れていましたから誰も乗りたくなかった馬と練習をしなければいけませんでした。そぴの馬はポ二ーでした。

反抗的な真っ白いポニーでした。泥が大好きでしたから手入れするために畑へ迎えに行った時に泥だらけなのは珍しくなかったです。ブラシをかけるのは時間かかっていました。それで調馬で調教をしていた時に、退歩をしたり、違う方向に走ったり、ほかの馬をいじめたりしていました。しかし、乗馬は成績になっていましたからなんとか頑張るしかありませんでした。

六ヶ月の後世界で一番仲良しの友達になりました。泥遊びをやめませんでしたが調教の時、口を開かなくってもポニーくんは完璧に行動していました。飼い慣らすことができたと思います。キャンターというテストでとてもいい成績を取れました。ポニーくんありがとうございました。

成績はあまりにも良かったので背が高くてきれいなシルエットをしていた雌馬を割り当てられました。もう学年の終わりでしたし、また初めからやり直すのは大変でしたのでその時に乗馬を辞めましたが、とてもいい経験でしたからおすすめです。生き物、また人間関係について教訓になりました。

馬は自閉症の人、障害を受けた人、自信がなくなった人の治療にも使われています。お年寄りにも。ペットセラピーの一つの種類だといえます。

Share this article