Sign up with your email address to be the first to know about new products, VIP offers, blog features & more.

Tag Archives #バウムクーヘン、#串焼きケーキ、#フランスのお菓子

串焼きケーキ

By Posted on 0 160
Stand de gâteaux à la broche
Stand de gâteaux à la broche, marché de Montréjeau, mai 2021, G. Ducros.

バウムクーヘンと出会ったのは日本でした。見た目が違うので最初は気が付きませんでしたがピレネーの串焼きケーキと一緒です。日本のバウムクーヘンは均一に層が重なっていてすべすべしたリングになっていますが、フランスの串焼きは丸いですがケーキの層はいびつな形で生地のとげがいっぱい付いています。言ってみれば日本のバージョンはおしゃれでフランスのは民芸的です。

ケーキの発明の場所と時期を規定するのはいつも難しいですがこういうような串焼きケーキは昔から中央ヨーロッパにあって、ナポレオンの軍隊はフランスにケーキの作り方を持ち帰って、山の地方、特にピレネーと中央山地で取り入れて、今もそこの名物でまだ作られています。例えば前の投稿で出ていたアローなどで専門店があります。

日本では知られていないと思いますが、フランスで「一番上手なパティシエ」という番組があります。夜甘いものを食べるのはダメですからずっとケーキを見るのは拷問みたいと言えますが、なんとなく面白いと思います。ケーキを作ることが好きなアマチュアたちは敵対して、2018年シーズンのテーマは「歴史での旅行」で、パティシエの技術を評価するためコンテストのある試合には串焼きケーキを作らなければいけませんでした。

その際にはレシピの難しいところが紹介されました。例えば生地を作るのは大量です。その後、持ちかえってケーキを焼くので火を起こして強さを管理して、正しい回転速度を見つけなければなりません。早すぎだとケーキは崩れるし、遅すぎだとケーキは焼きすぎます。それで最後にとげを作って壊さないようにちゃんと型から取り出さなければなりません。

一人で出来上がるケーキではなくて、昔みんなで出来上がりまで暖炉の前で交代して、みんなで食べていたと想像できます。日本と同じように儀礼の時よく食べられていました。現在の家族は小さくて暖炉がある家は少ないので、今でもこのケーキを作り続ける人に対して称賛の気持ちを抱いています。

参考:https://www.youtube.com/watch?v=z1PKyCM71NI

Share this article