Sign up with your email address to be the first to know about new products, VIP offers, blog features & more.

Tag Archives 本交換

本交換の箱

ほとんど毎日の午後の四時ごろに、ある男の人は犬とうちの向こうのガロンヌ川沿岸のベンチに休みにきます。ラグビーボールで体操したり、犬をブラシで磨いたりしますが、よく本を読みます。彼が本の交換のボックスにあった本を取ったのを見たことがあります。

本交換のボックスはこのような箱です。

本交換の箱
Boîte à livres, Gourdan-Polignan, nov. 2019, G. Ducros

写真のボックスにメッセージが書いてあります。

『私は走る本です。私を見つけたあなたが、もし気に入れば私を読んでください。いずれにしても私を捨てないでください。他の人が私と知り合って喜ぶでしょう。うちに持って帰ってもいいし、あなたの周りの人に話してもいいですが、その後私を自由にするのを忘れないでください。どこで?あなたの次に新しい人と出会えるように、またこのボックスに入れてください。』

本交換のための場所はただのボックスが多いですが、修理された古い電話ボックスもあります。

グルダン・ポリニャンでは、少なくてもそのボックスが四つあります。そこで待っている本の質は近所に住んでいる人によると思います。ガロンヌ川の沿岸の近くではロマンス小説が多い気がします。上に書いた男の人の外見はそう言う気がしませんが夢いっぱい見ながら愛の本をうっとりして読んでいるのかもしれません。

個人的に一番気に入っている交換ボックスはグルダンの教会のそばにあるのです。去年、そこでアメリ・ノートンの『畏れ慄いて』(Stupeur et tremblements)という本が見つかりました。みなさんこの本が分かりますか。日本の会社でのベルギー人の若い女の人の研修が描かれています。無駄な仕事を割り当てられているので、才能を見せるように色々なアクションをとりますが、一生懸命働けば働くほど上司が怒っているので主人公の立場がだんだん下がります。それで最後にお手洗いの管理者になってします。この本はとても人気があって、映画にさえなりました。フランス人の日本の会社のイメージはこの本に影響をうけたかもしれません。先週この本を連れて帰って、今回サルトルの本を選びました。終わったらどんな本だか話します。フランス語を習っている人なら、ぜひこのボックスをご確認。

Cabine de téléphone recyclée en boîte à livres
Cabine de téléphone recyclée en boîte à livres, Mauléon-Barousse, février 2020, G. Ducros

Share this article