Sign up with your email address to be the first to know about new products, VIP offers, blog features & more.

Tag Archives ロバ

「ネコ科」と散歩しました。

By Posted on 0 90
photo d'une ânesse appelée Féline
Féline, août 2020, Lesponne, G. Ducros

やりました。8月の真ん中ぐらいビゴール地方のレスポーヌ谷に行って、そこでロバを借りて散歩をしました。天気予報はよかったので、ロバを借りるアデゥール・アヌに電話をして午後の三時間分を予約しました。ロバの名前はフェリーヌ(Féline)でした。フランス語で「フェリーヌ」は「ネコ科」という意味です。ロバなのに何でネコ科と名づけられましたの。生まれた時、とても身軽な子ロバだったからでしょうか。40キロまで運ぶことができる4歳のメスでした。夏ですからハエにいじめられていました。仕方がありませんでしたがかわいかったです。

フェリーヌと泉まで行く予定でした。馬と同じようにフェリーヌは頭の中で草のことしか考えていませんでした。飼い主に「食べるのは許すな」と言われましたが、やっぱり草を食べてしまいましたので行く道はぐずぐずでした。やっぱりフェリーヌは泉まで行く気がありませんでしたが馬より優しかったと思いました。去年馬を借りました。全然進んでいませんでしたし、草から離れたら色々な不満の気持ちを表して怖かったです。

途中で蜂蜜を取っている人を見ました。ハチの数は下がっていますがここにたくさんいそうでしたので安心しました。ただ蜂蜜をとる人は宇宙へ行く人のような服を着ていたから見るだけで汗が出ました。普通はフランスの夏は湿気は低いですが今年は普通より湿気が高い気がします。その日、暑くて、湿気が高くて、すごく喉が乾いていたので、泉に着く前に引き返しました。フェリーヌの気分は明るくなって、あっという間に帰りました。

Share this article

ロバは可愛くないの。

donkey
Âne tenant compagnie à un cheval au loin, Seilhan, juillet 2020, G. Ducros

フランスの庶民文化の中ではロバは可愛い動物と見られていません。頑固で間抜けと言われています。もう、そういう習慣がないですが、昔、母の時代には学校で悪いことをした子供にはロバの耳をつけさせて罰を与えていました。「ロバ=間抜け」と考えていたので恥をかかされていました。しかし、ロバは本当にバカで可愛くないのでしょうか。

私の家はガロンヌ川のそばにあって、川のむこうの野原にはロバが二頭います。よく見かけることができます。それでよく見たら、体は小さくて、耳が長くて、たてがみがフサフサしていてとても可愛いと思います。散歩をする時にロバに出会ったら、いつも挨拶をしてくれるのでロバに対してのイメージが変わりました。庭がありますから飼えないかなと思って、ネットで色々調べました。

ロバを売っている人がみんな言っていますが、ロバは社交的で人間にたいして愛情を示すらしいです。だからロバを飼うと他の動物と一緒にいるようにすることが大切です。一頭だけにしない方がいいらしいです。また、庶民文化とは逆にロバはけっこう頭がいい動物です。耳が大きくて敏感で新しいことに対して怖がるらしい動物ですが、もう道が分かったらロバは自分で進むことができますので完全に信頼できます。

コロナのせいで夏にどこにも行けないと思います。ロバを貸す農家があるので、ロバを借りてハイキングするつもりです。休みを考えたら頭の中にそれしか浮かびません。荷物を運ばせて、いい相棒になれるかしら。この予定を実行したら必ず新しいポストを書いて写真を載せます。

乗用の動物以外、ロバは乳で有名です。最近ドラッグストアや市場でロバ乳が入っている石鹸や美容クリームをよく見ます。新しいトレンドですが昔から使われているらしいです。Elleという雑誌のサイトによると、クレオパトラが700頭のロバの乳を入れたお風呂に入ってたという伝説があります。それは現実であったか調べる方法がないと思いますが、古代からしわと脱水に効いて、敏感な皮膚に優しいという恩恵が有名らしいです。ロバの乳は人間の母乳に一番近いですがロバの乳の量は少ないので化粧品のホワイト・ゴールドと言われているということも書いています。手作り石鹸が多くて、カサカサの皮膚をしている著者は気に入りました。

ちなみにミニロバも存在しているということが知っていますか。背は90センチ以下です。1930年ぐらいにイタリアのサルデーニャからミニロバを輸入したアメリカ人がペットとしてミニロバの種類を作り始めました。ヨーロッパでミニロバがなくなっていた間にアメリカで盛んでした。それで、今回は逆輸入になってヨーロッパの農業人はアメリカからミニロバを輸入して、あちこちでミニロバの飼育は広まりました。ピレネーでもいくつかがあります。ただミニロバと言っても1000平方メートルの野原が必要なのでうちの庭は足りないと思います。その上ロバの声はうるさいので近所は近いなら近所迷惑です。

savon asinus
ピレネーのAsinus会社で
作られているロバの乳の石鹸です。

Share this article