Sign up with your email address to be the first to know about new products, VIP offers, blog features & more.

Tag Archives フランス

「ミヤソン」という甘い名物

Millasson, Gourdan-Polignan, octobre 2020, G.Ducros

前回の投稿で「ミヤ」について書いたと思います。ここの地方では「ミヤソン」という名物もあります。発音は似ていますが「ミヤソン」(millasson) はグルダン・ポリニャンの隣にある「モンレジョー」(Montréjeau) という小さい町のケーキ屋さんの人気があるお菓子の名前です。この店の名前はスベールビエル屋「Suberbielle)です。店の名前は二代目の代表から付きました。

「ラ・デッペーシュ」(La dépêche) という地域の新聞には2012年にこのケーキ屋さんの人気があるお菓子について記事が載っていました。記事の主な情報はこれです。

「1871年に創業された店の5代目の代表はスベールビエル・ジャン・ルイです。

店を創業した女性はベルゲスさんでした。彼女は早く夫と死に別れて一人でケーキの製造と販売を進めました。子供は二人いました。長男は聖職者になって日本で宣教師になりました。マリ・ルイズという長女は母親の研修生であったスベールビエル・オグスチンさんと結婚しました。

この家族は代々受け継がれた「ミヤソン」というケーキを作り上げました。店を開いたベルゲスさんは1871年にもうこのレシピを持っていました。材料は秘密ですが作るのはとても簡単ですよ。クレープの生地にオレンジフラワーウォーターとレモンで味つけされていて、小さくてちょっと高い型の中に入れて焼いています。保存料や着色料が入っていません。昔から、このケーキを作るために使っている牛乳はアドゥ農家から来ます。あそこの牛は代々ミヤソンケーキが長く続くように協力をしていますよ。」

参考:Les Suberbielle, pâtissiers de père en fils, depuis 141 ans.

個人的に聞いたことによるとミヤソンケーキの秘密は焼き上げにあります。焼き上げは特に微妙な感覚が必要らしいです。

ミヤソンケーキはモンレジョーでしか食べられませんので、ぜひ味見してください。

Share this article

「ネコ科」と散歩しました。

By Posted on 0 232
photo d'une ânesse appelée Féline
Féline, août 2020, Lesponne, G. Ducros

やりました。8月の真ん中ぐらいビゴール地方のレスポーヌ谷に行って、そこでロバを借りて散歩をしました。天気予報はよかったので、ロバを借りるアデゥール・アヌに電話をして午後の三時間分を予約しました。ロバの名前はフェリーヌ(Féline)でした。フランス語で「フェリーヌ」は「ネコ科」という意味です。ロバなのに何でネコ科と名づけられましたの。生まれた時、とても身軽な子ロバだったからでしょうか。40キロまで運ぶことができる4歳のメスでした。夏ですからハエにいじめられていました。仕方がありませんでしたがかわいかったです。

フェリーヌと泉まで行く予定でした。馬と同じようにフェリーヌは頭の中で草のことしか考えていませんでした。飼い主に「食べるのは許すな」と言われましたが、やっぱり草を食べてしまいましたので行く道はぐずぐずでした。やっぱりフェリーヌは泉まで行く気がありませんでしたが馬より優しかったと思いました。去年馬を借りました。全然進んでいませんでしたし、草から離れたら色々な不満の気持ちを表して怖かったです。

途中で蜂蜜を取っている人を見ました。ハチの数は下がっていますがここにたくさんいそうでしたので安心しました。ただ蜂蜜をとる人は宇宙へ行く人のような服を着ていたから見るだけで汗が出ました。普通はフランスの夏は湿気は低いですが今年は普通より湿気が高い気がします。その日、暑くて、湿気が高くて、すごく喉が乾いていたので、泉に着く前に引き返しました。フェリーヌの気分は明るくなって、あっという間に帰りました。

Share this article

我慢しか出来ません

Chouettes qui attendent et observent
Chouettes qui attendent et observent, Génos, mars 2020, G. Ducros.

今日は外出禁止になってから37日目です。5月11日まで続きます。仕方がありませんから我慢しかできませんがながいいいいです。出られないのでピレネーについてポストを書くのはちょっと難しくなりました。異常な状況ですから今日のブログは異常で一般的です。今の雰囲気について書きます。

とりあえず、視野が狭くなった気がします。今はテレビを通してしか外が見られません。メディアでよく言われているけれどコロナウィルスは人のより良いところとより悪質なところを映し出しています。例えば病院で働く人を応援してできるだけ手伝う近所の人がいる一方で、逆に「早くマンションを出て行け」や「マスクをちょうだい」と頼む人もいるらしいです。外出禁止のダークサイドを考えるとやっぱり女性と子供に対するDVの増加もありますね。La dépêcheという地域の新聞によるとアート・ガロンヌ県での田舎で去年と比べると83%の増加がありました。

外出禁止の始まりに世界のどこでもと同じようにトイレットペーパーのラッシュがありました。パスタや小麦粉と卵も足りなかった時もありました。みんなケーキを作っているかしら。外出禁止のことで太りがちですからグッドアイディアではないと思いますが私も作りますよ。ブリオッシュを作って見ましたがまだ失敗が多いです。

退屈を紛らすためになんでもないことでスーパへいく人がいるらしいです。悪用がないように時々警察は人の買い物を調べます。買い物が少ないと外出禁止をくぐっていないかと疑われています。「必需品」を買うのはオーケーですが楽しみのショッピングが許されていません。しかし「必需品」と「その他のもの」との間に線を引くのは時々難しいです。ニュースで六本ぐらいのコーラを買ったから警察官に叱られた女の人をみましたがコーラしか買わないのは違反でしょうか。それで、種と苗はどうでしょうか。確かに「必需品」ではありませんが園芸家は倒産をしないように認めらることになりました。同じように、一キロ以内で一時間動物を散歩させるのができますがどんな動物でもオーケーですか。を綱につないで連れて歩いていた男性が調書がとられたらしいですが、猫はだめと言えますかね。不明なところがまだ多いです。

「必需品」は何だかという質問は逸話的に見えても、実は深いと思います。しかるべき生活するために必要なものは何だかという自問になるのです。実は外出禁止はそういう内観する機会ですね。

日本でも感染者が増えていて大変だと思います。皆さん、体に気を付けてくだいさい。

Share this article