「ル・ピコン」丘

By Posted on 1 1 m read 133 views

グルダン・ポリニャン村の一番高い山は「ル・ピコン」と言われています。

to show a view of the path to the top of a hill called Le picon
Paysage lors de l’ascension du Picon, Gourdan-Polignan, septembre 2019, G. Ducros

「ル・ピコン」の標高は630メートルぐらいです。ある斜面は採石場になって削られています。この地方には採石場が多いです。例えばグルダンから30キロぐらい離れているマリニアックの採石場は大理石の出産で有名です。しかし、グルダンではどんな石が採られているのか分かりません。採石活動は活発に行われていませんが、完全に停止したわけではありません。採石場はうるさいのでよかったではないかと思っています。

採石場のよこに山に登る道が見えます。頂きまで行くならその道を行かなければなりません。去年の秋の太陽の最後の日を楽しむため、または秋の実りを探そうと思って最近登ったことがあります。

最初は美しい黒苺の実がなるキイチゴの地帯を通過します。そのあと森の地帯に入ります。道にいくつかの栗の木がありますが、キノコ、クルミ属、ハシバミの木は見えませんでした。それで白石の山積みで指定されているY字 路に着きます。右に曲がってください。道は狭くなりますが上がり続けます。次いで木が少なくなって蝶々が多くなる草原のような場所を渡ります。最後にトップに大きな十字架が堂々と立ってるところから村の全てが見えます。

正直に言ったら、上から見える村の姿は特にきれいと言えないと思います。面白いのは、登山の時の他の山の景色です。「行き先より登る道の方が大切である」ということわざのいいイラストになりますね。

chemin du Picon et les chataîgniers
Chataîgners sur le chemin du sommet du Picon, sept. 2019,
Gourdan-Polignan, G. Ducros

Share this article

ローカルなサン・ミシェル

By Posted on 1 1 m read 159 views

故郷の辺りの一番好きな場所の中にサン・ベルトラン・ド・コミンジュ(Saint-Bertrand-de-Comminges) があります。この地域にあるサン・ミシェルのようなものと言ってもいいでしょう。

サン・ベルトラン・デュ・コミンジュ
Saint-Bertrand-de-Comminges, Janvier 2020, G. Ducros

サン・ベルトランは小さい村ですが素敵な大聖堂があります。大聖堂はりんご材の植林や(もちろん)畑やガロンヌ川がある平野の突出した丘の上に位置しています。ということは大聖堂が遠くから見えますね。背景になるピレネー山脈と比べると大聖堂は遠くから見たら小さそうですが、近づくにつれてどのぐらい大規模か分かります。大聖堂の建造はいつも長いです。サン・ベルトランの場合では建造が12世紀に始まりましたがはっきりいうと建造の歴史がよく分かりません。ただ内陣の聖職者席はとてもきれいと思います。

村は城壁に守られています。中世の狭い門を通って村に入ると大聖堂が古い家に囲まれています。村に「プール・オ・ポー」の名物で有名になった「シモーヌ屋」というレストランがあります。日曜日しか作られていません。「プール・オ・ポー」は簡単にいうと鳥鍋の一つです。アンリ四世が「私の王国にはどんな農夫でも毎週の日曜日にプール・オ・ポーが食べられるようにしたい」と言って、「プール・オ・ポー」をフランスの料理の一つのシンボルにしたらしいです。

私はずっと前から「プール・オ・ポー」を食べていませんが、 二年前に「シモーヌ屋」にいったことがあります。20人ぐらいの巡礼者のグループがいました。食後に皆で祈りを歌いました。彼らの熱心さは心を揺すぶると思いました。サン・ベルトランはサンチアゴ・デ・コンポステラの巡礼の宿泊の一つですから巡礼者に会うのは驚きではありません。サン・ベルトランはサンチアゴ・デ・コンポステラの巡礼の宿泊としてユネスコの世界遺産に登録されています。

小さい職人の店(ピレネー羊毛での服、傘、アクセサリー、はちみつ、製陶など)もあります。

それで、サン・ベルトランには考古学の博物館もあります。今の村と村の大聖堂がガロ・ロマン期のかつての街の崩壊の上に建立されました。そういう街の名前はLugdunum convernarumでした。申し訳ありませんが発音は分かりません。Lugdunum convernarumについて「ヴァルカブレール」(Valcabrère)村を紹介する時にもう少し話します。

サン・ベルトランは私たちの前からありますし、私たちの後もあるでしょう。時間を超える場所ですから自分の命なんてくだらない気がしますね。

Share this article

本交換の箱

By Posted on 0 1 m read 142 views

ほとんど毎日の午後の四時ごろに、ある男の人は犬とうちの向こうのガロンヌ川沿岸のベンチに休みにきます。ラグビーボールで体操したり、犬をブラシで磨いたりしますが、よく本を読みます。彼が本の交換のボックスにあった本を取ったのを見たことがあります。

本交換のボックスはこのような箱です。

本交換の箱
Boîte à livres, Gourdan-Polignan, nov. 2019, G. Ducros

写真のボックスにメッセージが書いてあります。

『私は走る本です。私を見つけたあなたが、もし気に入れば私を読んでください。いずれにしても私を捨てないでください。他の人が私と知り合って喜ぶでしょう。うちに持って帰ってもいいし、あなたの周りの人に話してもいいですが、その後私を自由にするのを忘れないでください。どこで?あなたの次に新しい人と出会えるように、またこのボックスに入れてください。』

本交換のための場所はただのボックスが多いですが、修理された古い電話ボックスもあります。

グルダン・ポリニャンでは、少なくてもそのボックスが四つあります。そこで待っている本の質は近所に住んでいる人によると思います。ガロンヌ川の沿岸の近くではロマンス小説が多い気がします。上に書いた男の人の外見はそう言う気がしませんが夢いっぱい見ながら愛の本をうっとりして読んでいるのかもしれません。

個人的に一番気に入っている交換ボックスはグルダンの教会のそばにあるのです。去年、そこでアメリ・ノートンの『畏れ慄いて』(Stupeur et tremblements)という本が見つかりました。みなさんこの本が分かりますか。日本の会社でのベルギー人の若い女の人の研修が描かれています。無駄な仕事を割り当てられているので、才能を見せるように色々なアクションをとりますが、一生懸命働けば働くほど上司が怒っているので主人公の立場がだんだん下がります。それで最後にお手洗いの管理者になってします。この本はとても人気があって、映画にさえなりました。フランス人の日本の会社のイメージはこの本に影響をうけたかもしれません。先週この本を連れて帰って、今回サルトルの本を選びました。終わったらどんな本だか話します。フランス語を習っている人なら、ぜひこのボックスをご確認。

Cabine de téléphone recyclée en boîte à livres
Cabine de téléphone recyclée en boîte à livres, Mauléon-Barousse, février 2020, G. Ducros

Share this article